世界基準の子育てを知り、子どもたちの明るい未来を築こう!『世界で通用する最強の子育て』国際自由人藤村正憲さんから学んだこと


こんにちは!

心を育む子育て応援隊cocosuku

代表 梅原 春佳です♪

2020年1月22日(水)

オランダより『世界で通用する最強の子育て』著者である国際自由人 藤村正憲氏をお招きし愛媛県松山市にて子育てセミナー開催をさせていただきました。

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

当日の様子は南海放送ニュースにも三度取り上げられました。

また国際自由人藤村正憲さんのインタビューも南海放送ラジオにて放送される予定される予定です。

南海放送ニュース 国際自由人藤村正憲さん

こちらのページでは

国際自由人藤村正憲さんより学ぶ

「子育て」「人育て」に関しての

親や上司、大人が学ぶことや

子どもはもちろん大人が

自分らしく生きるためのヒントを共有します。

世界で通用する価値観共有の場として

ご活用いただければ幸いです。

国際自由人藤村正憲さん講演セミナーin愛媛県松山市20200122
2020.1.22講演セミナーの開催報告はこちら
https://cocosuku.com/saikyoukosodate-fujimramasanori-seminar-ehime-matsuyama-20200122/
NEW!『世界で通用する最強の子育て』表紙に込められたアンネフランクの言葉
https://cocosuku.com/saikyoukosodate-fujimuramasanori-book-annefrank/

自分らしい、自分たち親子らしい「子育て」していますか?

「子育て」に関する世界がワクワクと広がる素敵な方をユニセフが公表した子どもの幸福度が世界で一番高い国オランダより、お招きしました。

アジアで活躍する日本人100人にも選ばれた、

世界を拠点に活躍する国際自由人 藤村正憲氏です。

本田圭佑さんと映る、藤村正憲氏(写真:左)

世界で活躍し、海外に住み、一児のパパとして子育てをされる藤村正憲氏。

2019年3月『世界で通用する最強の子育て』という著書を発売されました。

世界で通用する最強の子育て
藤村正憲著

世界基準の子育てを知り、子ども達の明るい未来を築こう!

今回は、著書『世界で通用する最強の子育て』より

下のテーマに沿った著書の内容について詳しくお話をしていただきます。

①これからの時代に必要な子どもの伸ばすべき力、親自身が伸ばすべき力

②日本と海外の子育ての違い

③子育てにおいて親が大切にすべきこと

子どものの未来を広げるには、まずは”大人の価値観の広さ”が大切です。

世界で通用する最強の子育てを実践されている

藤村正憲氏から学びましょう。

世界基準の子育てとは2020/01/22:cocosuku

セミナー情報はこちらです。

(セミナー詳細)

世界基準の子育てを知り、子どもたちの明るい未来を築こう!

『世界で通用する最強の子育て』著者 藤村正憲氏の講演セミナー

日時:2020年1月22日(水)10時~12時

開催場所:コムズ4階 和室(松山市新玉児童館の建物)

対象:子育て中のママやパパ、妊婦さん、おじいちゃん、おばあちゃん、子育てのパートナー、教育関係者の皆様

*1家庭につき大人2名まで(2名以上の場合はお問合せください。)

*子連れ参加可能 (事前に人数、年齢をお知らせください)

参加費:著書『世界で通用する最強の子育て』持参 3000円/1家庭

    一般(著書を当日プレゼント)      5000円/1家庭

参加応募フォームにて応募をお願いいたします。

2020年1月22日講演セミナー開催 in愛媛県松山市

『世界で通用する最強の子育て』藤村正憲著 購入はこちら

世界で通用する最強の子育て
世界で通用する最強の子育て
 藤村正憲 著

【内容情報】(出版社より)
海外からの観光客や居住者が増え続け、2020年には東京オリンピックも開催されます。今後、日本にいても、海外にいても、世界基準の考え方を身に着けておくことが武器になることは間違い無く、お子さんに、将来グローバルに活躍できる人材になってほしいと、考え、そのために、親はどうすれば良いかと悩んでいるご家庭もあるかと思います。
 本書は、「国際自由人」というコンセプトを掲げ、国境にとらわれず世界各国で仕事している著者が、これまでの経験から得た、世界で通用する一流が持つ、3つの大切な力「意志を持つ力」「考える力」「社会とつながる力」の育み方を、具体的な方法はもちろん、世界で通用する子育てについて多くの方々が実践できるように、順を追ってお伝えしていきます。
 教育をはじめとする、子育ての不安が解消され、子どもが真の国際感覚を身に付けるための手引きとなる1冊です。

楽天市場はこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界で通用する最強の子育て [ 藤村正憲 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/12/18時点)



電子書籍はこちら

Amazonはこちら↓

Amazonはこちら

講師プロフィール:国際自由人 藤村正憲 (ふじむら まさのり)

藤村正憲 氏のプロフィール

講師:国際自由人 藤村正憲 氏

国際自由人

藤村 正憲(ふじむら まさのり/Masanori FUJIMURA) 英語名 Mark(マーク) 

国境を意識しない生き方」というライフスタイルを提唱し、拠点に縛られない人生を送っている。

2002年から海外移住。北京では五輪前の再開発で不動産開発、投資を学ぶ。
香港、マカオでは華僑の金融を学ぶ。

マレーシア・ジョホールバルでは日本人が住みやすい街を作る「リトルジャパンプロジェクト」を手掛け、多くの日本人がジョホールバルに移住をするムーブメントを作り出した。

さらに、同じくジョホールバルにて中小企業が海外に進出するためのプラットホームとして
複合の飲食スペース「ジャパンストリート」の開発にも携わる。

現在はビジネスの一線は退きセミリタイア生活に入り、顧問やコンサルタントとして経営をサポート。創業間もない若手社長の支援も行っている。

また、講演や執筆活動を中心に自身の経験から自己実現、成功哲学、資産形成など、
一度の人生を豊かに生きていく方法を独自の視点で伝えている。

NHK、TBS、TV東京、日経ビジネス、東洋経済等、マスコミに活動を取り上げられる。

AERAのアジアで勝つ日本人100人に選ばれる。(その他、メディア・雑誌等掲載履歴

中学校、高校、大学などでも積極的に講演をし、若者のグローバル化にも取り組んでいる。

藤村正憲ホームページ http://fujimura-masanori.com

藤村正憲氏のブログも、とても興味深く世界観が広がります。

国際自由人公式サイト-Life Without Borders-
国際自由人の公式サイト。世界に目覚めよう。そのとき、すべてが始まる。 国境を越えて、自分らしい人生をデザインする「国際自由人」になろう!

セミナーへのお問合せはこちら

メールにてお問合せも可能です。

メールアドレス:cocosuku2525@gmail.com

件名「世界で通用する最強の子育てセミナー」と入れてください。

セミナー開催場所アクセス

コムズ(複合施設):松山市新玉児童館の建物

コムズ(松山市新玉児童館の建物) :https://www.coms.or.jp/

開催場所:コムズ4階 和室

藤村正憲さんに出会い感じたこと

心を育む子育て応援隊cocosuku(ココスク)とは

子どもの成長に必要なのは”心”を育てること。

cocosuku(ココスク)」とは

”子どもたちの心(ココロ)が

スクスク成長できるように”

と思いを込めて2019年5月に活動を開始しました。

cocosukuの活動では

ワクワク♡ニコニコ♡スクスク♡を大切に

子どもたちの”心”を育むサポートをしています。

・本物に触れる

・小さな感動を大切にする

・経験をして吸収する

主な活動である畑で食育や知育、発育に沿った

様々な角度より子育てのサポートをしています。

‍現在メンバーは、

2歳の女の子のママ経営者 代表 梅原春佳

愛媛県松山市ベビーシッターサービスKids Life Partner 山元 広美

の二人で主に活動しています。

心を育む子育て応援隊cocosuku

活動内容はinstagramに載せています。

cocosuku公式LINEアカウントはこちら

公式LINEアカウント「coco♡suku」友達追加後、

お名前トークにて送信下さい。

URLはこちら https://lin.ee/pwgfk2d

公式LINE登録の方は

新規会員登録サービスにて

イベントの際にお得なクーポンプレゼントとさせていただきます。

世界基準の子育ての世界観に触れ、

一人でも多くのママやパパの子育てがラクになり、

子ども達の未来がより明るくなりますように。

スクスク育て、キラキラ輝け、ワクワク広がれ。

そして、ニコニコと笑顔で生きよう。

心を育む子育て応援隊cocosuku 梅原春佳

梅原 春佳 (Haruka Umehara)

心を育む子育て応援隊cocosuku 代表

愛媛県松山市在住|松山大学経営学部卒業|愛媛県立松山東高等学校卒業

飲食店経営|飲食店プロデュース|個の力を大切にする経営サポート

1988年生まれ|一児のママ

Facebook: https://www.facebook.com/standharuka

ホームページ https://peraichi.com/landing_pages/view/haoiru

タイトルとURLをコピーしました